「塾に行きたい。私ももう受験生だから」と、今度中学3年生になる娘が言ってきたのは、10日ほど前のことです。

「今のままじゃ、志望校は無理だ。何とかしなきゃ」と。

娘はクラスの中でも真ん中くらいか、中の下くらいの成績なのです。

しかし塾に行かせられるほど我が家の家計は楽じゃありません。「頼むよ~。何とか公立高校に行ってくれよ。私立高校にはとても行かせられないよ」と、言わざるをえない。父親としては申し訳ない状況です。

ちょうどそのころ、インターネットで目に入ったのが、スマイルゼミ中学生コースの広告です。

本の教材ではなく、すべてタブレット端末で?

あの一太郎やATOKのジャストシステム?

ちょっと驚きでした。

今でこそパソコンの日本語変換は、無料のGoogle日本語を使っているけれども、長い間「賢い日本語変換ATOK」を使ってきた者としては、ジャストシステムは日本トップレベルのソフトウェア会社という認識なのです。

もう少し詳しく知りたいと思った私は、さっそく資料を請求することにしました。

 sWS000016

 

 

 

 

スマイルゼミ公式サイト

 

広告


 

スポンサーリンク